COMPANY
企業情報

TOP > 企業情報 > 経営理念

企業情報
トップメッセージ
経営理念
品質方針
会社概要
SDGs

Sustainable Development Goals

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは”Sustainable Development Goals”の略称で、2030年までに持続可能な社会を実現するための目標です。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

※SDGsについて詳しくは、外務省のJAPAN SDGs Action Platformをご覧ください。

17の目標

貧困をなくそう1. 貧困をなくそう 飢餓をゼロに2. 飢餓をゼロに すべての人に健康と福祉を3. すべての人に健康と
 福祉を
質の高い教育をみんなに4. 質の高い教育を
 みんなに
ジェンダー平等を実現しよう5. ジェンダー平等を
 実現しよう
安全な水とトイレを世界中に6. 安全な水と
 トイレを世界中に
エネルギーをみんなにそしてクリーンに7. エネルギーをみんなに
 そしてクリーンに
働きがいも経済成長も8. 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう9. 産業と技術革新の基盤
 をつくろう
人や国の不平等をなくそう10. 人や国の不平等を
 なくそう
住み続けられるまちづくりを11. 住み続けられる
 まちづくりを
つくる責任つかう責任12. つくる責任
 つかう責任
気候変動に具体的な対策を13. 気候変動に具体的な
 対策を
海の豊かさを守ろう14. 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう15. 陸の豊かさも守ろう
平和と公正をすべての人に16. 平和と公正を
 すべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう17. パートナーシップで
 目標を達成しよう

YAMATOの取組み

当社はSDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、強みである商品開発の力をベースとした事業活動・企業活動を通じて、国際社会が追求する社会課題の解決に貢献することで企業価値の向上と持続的な社会の実現に取り組みます。

-人中心経営-

  • 働きがいも経済成長も
  • パートナーシップで目標を達成しよう

●働き甲斐のある会社・・・夢をかなえる
「あなたの夢は何ですか」
今期(2021年度)から会社として、全社員から集まった夢を叶えていく活動を始めます。

●活力ある会社・・・全員参加型
工場の改善をはじめ、さまざまな場面で社員全員参加する行事が有ります。
目指すは「見せる工場」、ペンキ塗りもトイレ掃除も、社長含む全員で実施しています。

-愛経営スタイル-

  • すべての人に健康と福祉を

●健康推進経営・・・健康経営優良法人
・健康診断プラスone、社員の家族1人も社員と一緒に健康診断を受けられます。
・人間ドックの実施、通常の健康診断にプラスα、今期から社員は毎年順次、人間ドックを受診します。

●ベターライフ経営
リフレッシュ休暇制度
→ 年に1度は「平日3連休+土日=5連休」取得することを推奨しています。
プレミアムウィークデー制度
→ 月に1度、定時(17:30)を15:00とする制度です。

-DX推進-

  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう

●デジタル改革&DX整理
teams導入による社内連絡メールのチャット化、タイムカードのアプリ化実施済み。 引き続きデジタルトランスフォーメーションを整備していきます。

●ペーパーレス
ハンコ廃止、社内申請書類の電子化、書類保存の廃止(電子化)を推進しています。

YAMATOのSDGsへの貢献商品

-グローブボックス(ピュアボックス)-

グローブボックス

現在、大手民間企業・大学・国公立研究施設などお客様において さまざまな最先端の研究にヤマトのグローブボックス(ピュアボックス)をご使用いただいております。

例えばCO2削減のための研究や、新エネルギー開発研究(EV自動車に向けた全固体電池、半固体電池、リチウムイオン電池、電池分解、水素燃料電池)と、他の社会貢献でも資源リサイクル研究、環境汚染放射線減衰研究など。

メンテナンス/アフターフォローにも力を入れており、産業と技術革新の拡大に貢献し、(少し先の)未来のために研究するお客様を全力でバックアップいたします。

お客様が最先端技術で持続可能な開発目標【SDGs】17項目の問題解決を目指すことを、間接的に応援している装置です。

ピュアボックスの詳細はこちら

-Co2削減貢献商品-

ALHYPER X

カーボンニュートラルとは
温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します

鋳造業界はまだまだ熱源としてガスの使用が多い状況です。
熱源をガスから電気に切り替えることで、Co2の排出量大幅削減(脱炭素化)が可能です。

ヤマトの商品は、政府の取り組み目標でもある「2050年カーボンニュートラル実現」に大きく貢献できます。

ヤマトの各種商品
 ・アルミ溶湯用縦浸漬ヒータ ALHYPERシリーズ
 ・電気式取鍋予熱装置
 ・縦浸漬炉(vertical heating eco system)
 ・電気式るつぼ炉

 ・真空光速乾燥装置
 ・カートリッジヒータ・シースヒータ・コイルヒータetc

Co2削減貢献商品はこちら

環境省・カーボンニュートラル説明サイト(https://ondankataisaku.env.go.jp/carbon_neutral/about/)

このページの先頭へtotop